今年を振り返ってみる

月並みなタイトルであるが、今回このテーマで書こうと思う。

来年の抱負でも良かったが、抱負より今年の振り返りの方が書きやすいと思ったのでこのテーマに

気が向けば、来年の抱負も書くかもしれない。(書く時期によって、今年の抱負になるかもしれないが)

今年は悪い寄りの年だったかもしれない。悪い出来事があり、あまり良い出来事はなかった。

好きな読書の時間を増やしたりと気分転換を図ったりもした。

モノポリー関係は例会・予選共に足を運ぶことができなかった。ただ、ツイッターなどで予選の結果などはチェックしていた。

ボードゲーム関係もオープン会等あまり足を運ぶことができなかった。

ボードゲームブログと銘打ちながらボードゲーム絡みの記事がないことが心苦しいのだが、仕方がない。

来年はもっとアクティブに趣味の時間を持てるようにしたい。

この記事を書いている日はモノポリー日本選手権が行われており、ライブ配信を観ていたのだが、手に汗握る好ゲームが展開されており、やはりモノポリーは良いなと再認識させられた。

今年はあまり良い出来事がなかった年だったが、来年は良い年になるよう願うばかり。

雑な振り返りとなったがこれにて以上とする。


乱文失礼致しました。

雑記

グランドスラム大阪について

毎回、日本では東京で開催されてる本大会であるが、今回は大阪ということで是非観戦に行きたかったが、色々な事情により断念。

TV放映で観戦することに…

日本勢の調子は良く、ほぼ全階級で金であった。女子78kg超級は素根が決勝に進むも指導3の反則負け、重量級でよくみられる展開だ。反則勝ちすることもあれば、このように反則負けする場面も多々ある。重量級には頑張って欲しいところ、軽量級が調子が良いので…

雑記

本日は全日本学生柔道体重別団体優勝大会を視聴。

NHKEテレで放映されてました。

女子は初優勝、龍谷大学で関西圏の大学が強豪東海大学を破るという手に汗握る熱い試合でした。

男子も初優勝、日本体育大学

主将はノリに乗ってる阿部一二三。

阿部一二三以外の選手陣も強く、筑波大学に2点差つけて勝ちました。

学生大会といえ、一部の選手は国際大会に出場しているなど侮れない大会だと思います。

学生大会のならではの面白さもありました。

雑記

随分と遅くなったが、世界柔道選手権の感想を

日本勢は女子が優秀で殆どの階級で金であった。

注目していたのは、ビロディド選手

容姿端麗で柔道も強い。誠に素晴らしい選手である。

日本の渡名喜と当たったが、渡名喜は残念ながら負けてしまったが、勝って喜んでるビロディド選手はまた美しく可愛らしくもあって良い光景であった。


乱文失礼致しました。

9月8日 ボードゲーム会感想

本日は、第2回伊丹アナログゲーム交流会に参加してきました。

プレイしたゲーム

たべちゃうぞ

ビザンツ

センチュリースパイスゴーレム

チンチロリン

レシピ

ZENDO

スペースベース

メトロポリス

楽しい会でした。また、参加したいと思います。

雑記

アジア大会も終わり、柔道2.3日目の結果を一気に書いてアジア大会の記事は終わりとする。

結果

男子

73kg級 大野 優勝

81kg級 佐々木 5位

90kg級 ベイカー 3位

100kg級 飯田 優勝

100kg超級 王子谷 5位

女子

57kg級 玉置 優勝

63kg級 鍋倉 優勝

70kg級 新添 優勝

78kg級 佐藤 優勝

78kg超級 素根 優勝

男女混合団体戦 優勝

女子は全体的に成績が良かった。男子はまあまあ。欧州の強豪などが本大会には参加していないので、ライバルは少なげと感じていたが、男子はそうでもなかったようだ。あと、技有の判定が相変わらず酷い。昔の効果みたいな技を技有にするとは何事か?技の質が下がるような判定はやめてもらいたい。なぜ、有効を廃止して、技有・一本だけにしたのか、よく考えてもらいたい。


乱文失礼致しました。

雑記

アジア大会 柔道競技について書く

地上波ではTBSが放映しているが、重量級は放映されないという、中途半端な放送スケジュールとなっている。また、放送時間も遅いので今回はNHK BS1にて視聴。

今大会の特徴としてはオリンピック以外の大会では中々お目にかかれない、北朝鮮の選手が出る。世界選手権に派遣されている選手とはまた違った選手層である、といったところか。欧州などの選手は当然出ないので、日本が金を獲るのは通常の大会よりは獲りやすいとは思っていたのだが…

初日は男女軽量級 日本人選手の成績

女子48kg級 近藤 銀

男子60kg級 志々目 銀

女子52kg級 角田 金

男子66kg級 丸山 銀

素晴らしい試合だったのは、角田ただ1人であった。巴で技有を取った後、腕挫十字で一本。寝技師対決を角田が制した試合であった。丸山は開始間も無く一本を取られ、非常に残念な試合であった。日韓対決が多い印象。これは毎回書いているのだが、有効扱いされていたような技が技有として扱われているのが、非常に不可解である。技有りの格が下がっている気がしてならない。

これでは、有効を廃止した意味がない。技有の価値を下げただけに過ぎないのではないかと思う。


乱文失礼致しました。